マイクロバブル発生シャワーヘッド,マイクロバブル発生蛇口の通販「エカロー」犬,ペットのお風呂にも。


マイクロバブル活性水蛇口 エカロー

会社概要

■代表挨拶

株式会社エカロー代表取締役 妹尾全郎今世紀の最大の地球環境問題点には、「地球温暖化」「水環境保全」が横たわっています。 しかも、この問題対策には急務を要しております。
地球環境の媒体材は、「水」が重要なポイントになっており、水質浄化改善により「池」「河川」「湖沼」「海」が地球環境のバロメーターになります。
当社は、その水質改善の微々たる力でも、一翼を担う企業であればと真剣に取組み邁進いたします。

株式会社エカロー代表取締役
妹尾 全郎

■会社案内

名称 株式会社 エカロー
所在地 〒710-0812 岡山県倉敷市北浜町1-29-203号
電話 090-3376-9938
FAX 086-422-8528
e-mail otoiawase@ekaro.co.jp
URL http://www.ekaro.co.jp/
代表取締役 妹尾 全郎
設立 平成19(2007)年3月1日(株式会社エカロー)
平成9(1997)年3月1日(有限会社エカロー)
資本金 1,000万円
事業内容 ・家庭用「エカロー蛇口」「エカローシャワーヘッド」販売
・水に関わる技術コンサルタント
主要取引銀行 中国銀行 倉敷北支店
みずほ銀行
主要お取引先 エクシードシステム株式会社
積水アクアシステム株式会社、他

■沿革

平成22(2010)年1月 「水浄化装置」で特許取得
平成19(2007)年11月 東久邇宮記念賞(文化褒章)受賞
ドイツの物理学者レナード博士(1905年、陰極線の実験的研究によりノーベル物理学賞受賞)の原理特許が100年越しでエカローにより商品化されたことが評価され受賞
⇒東久邇宮「文化褒賞」受賞について
※東久邇宮記念賞
日本三大宮様賞のひとつ。
 高松宮賞…スポーツで優秀だった方を顕彰
 秩父宮賞…医療に貢献した方を顕彰
 東久邇宮賞…発明や知的財産の保護促進に寄与、善事に尽くされた方を顕彰
平成19(2007)年3月 環境省の環境技術実証事業に於て「水平方向及び鉛直方向の溶存酸素濃度がほぼ均一化され、貧酸素水魂の発生は認められなかった。
また付帯効果としてアオコの発生を抑制する効果が認められた。」と報告あり
「株式会社エカロー」設立
平成18(2006)年3月 京都大学津野教授の二条城濠浄化実験でアオコ抑制効果を確認
平成17(2005)年4月 「水の活性浄化装置」で特許取得


積水アクアシステム(株)と業務提供
平成 9(1997)年3月 「有限会社エカロー」設立
昭和59(1984)年1月 水の研究開発を始める
昭和50(1975)年6月 個人企業「せのお書籍」設立

マイクロバブル「エカロー」販売代理店募集中株式会社エカロー
〒710-0812 岡山県倉敷市北浜町1-29-203
TEL:090-3376-9938
FAX:086-422-8528
E-mail:otoiawase@ekaro.co.jp
マイクロバブル活性水蛇口 エカロー