マイクロバブル発生シャワーヘッド,マイクロバブル発生蛇口の通販「エカロー」犬,ペットのお風呂にも。


マイクロバブル活性水蛇口 エカロー

エカローシステム

■エカロー・システム・マシン

「エカロー水」による水質浄化メカニズム

「エカロー水」は自然界の滝の水に限りなく近い状態の水です。

 滝の水が落下して「岩」や「水面」にぶつかる状態を、エカロー・マシンで創り出すように構造設計されています。
 したがって、水の中に溶け込む酵素(溶存酸素)が高まり、川・池・湖沼にいる「好気性微生物」が活発になり、ヘドロ・アオコ等の有機物を分解させる働きが高まるものと推測されます。
 また、滝の水が高いところより落下することにより、水の固有振動数が高まり、その高振動によって他の水を共振させ「共鳴場の強い水」に変化させて、水本来の保有する根源的な役割を創出す、画期的なシステムであると同時に、種々の物質の共鳴現象構造を転写し、他に伝える能力が高い「エカロー水」です。

「エカロー・システム・マシン」装置による浄化作用原理

エカロー・システム・マシン装置は自然の空気を取り込み、激しく送水管の内壁などに衝突させることにより、自然の滝の水に限りなく近ずける装置です。

 空気と水の混合が激しくぶつかることで、水のクラスターが小さくなり水の振動数(波動)が上昇し、振動エネルギーが蘇生水になります。
 水、土壌の中に生息している好気性微生物に活性力と酸素(空気)を与えることにより、嫌気性微生物との間に食物連鎖を促進させることで水の浄化、土壌改良につながることになります。
 この装置は、空気を吸収し、物理的に破壊させることにより水をイオン化させます。また、悪臭の源となっている無酸化化合物質を分解させます。

 一般にされている、ばっ気方式の場合は、安定した空気を送り込むために、酸素がアンモニア、メタン、硫化水素などの安定した化合物に反応しません。当装置は、水、空気を不安定にさせ、悪臭を放つ物質も不安定にさせます。この不安定物質が化合し、酸素を含む安定物質に変化することにより、悪臭解消につながります

エカロー・システム・マシン装置により、溶存酸素(DO)が高くなりマイナス酸素イオンが発生して、有機物であるヘドロなどを、ゆっくりと酸化分解させます。有機物分解効果は殺菌効果にもつながり大腸菌などを殺菌します。
水中の微生物などは、理想的な食物連鎖がなされ自然淘汰の進行が始まり、池の水が浄化され、蘇生力のある池、湖沼、河川が蘇ることになります。

マイクロバブル「エカロー」販売代理店募集中株式会社エカロー
〒710-0812 岡山県倉敷市北浜町1-29-203
TEL:090-3376-9938
FAX:086-422-8528
E-mail:otoiawase@ekaro.co.jp
マイクロバブル活性水蛇口 エカロー